>ホーム >体験者の声 >セミナー参加者の声


■セミナー参加者の声

 

■H.Kさま(女性)

うつ病になってから落ち込みやすくなりました。人とスムーズに話せない。上手に付き合えない。自分の悩みを人に話すことができない。自分が好きになれない。と悩んでいました。

自分が何を考え何をやりたいのかがわからなくなるので、何かのヒントになればと思い申込みました。自分で「私は良くやっている。頑張っている。」と言っていたけど、それは大切な事だったんだ~とわかって良かったです。

自分にも幼少期に持った殻があると思いました。いい人に見られたいという一面があったかもしれない。自分は何を悩んでいるのか、それをどう表現したらいいのかが分からなかったけど、ビリーフチェンジセラピーなら上手に引き出してもらえるのかなぁ、と思いました。

 

■匿名さま(男性) 

自分の価値観と自分の周囲の価値観とのズレに悩んでいました。少しずつ解消するきっかけを頂けたような気がします。(自分を許そうと思っていましたが)許しというのは結果であって、人は自分で決めた時に変わる。自分の覆いかぶさっているものが何であるかをより見つめられたと感じます。

 

■井本達也さま(男性・鍼灸師)

自分も落ち込みやすい性格なので、どうにかしたいと思っていました。鍼灸もうつや統合失調の患者さんがくるので参考になりました。鍼灸の臨床にも役立てたいと思います。

 

 

■匿名さま(女性)

心の仕組みについて知りたかったので参加しました。気持ちの切り替え方法やストレスをためこまない方法、性格は変えられることに驚きました。

 

 

■E.Kさま(女性・会社員)

自分がいつもネガティブな考え方をしてしまうこと。自分が好きになれず、短所ばかりに目がいってしまうことに悩んでいました。ストレス解消法や自分のほめ方などはとても参考になりました。ネガティブな考え方は悪いことではないこと、改めて、出来事や感情を変えようとしてもうまくいかないことがわかりました。

 

 

■釈迦院 裕恵さま(女性・カウンセラー)

病気と自分の関わり方を知りや、無理しないで過ごすことに不安を感じていました。自分と向き合うキッカケ、またカウンセラーとして役立てたいという気持ちで参加しました。自分を大切にすること、無理をしないこと、自分を出すことに不安にならないということに改めて気づきました。セッションで自分と向き合うことができて助かりました。

 

 

■会田 蘭様(女性・会社員)

完璧を求めてしまうこと、人目が気になることこと、やる気がでなくなるといったことで悩んでいました。どう悩みが解決するかわかると思い参加しました。公開セッションで「里桜のお母さんならどんな言葉をかける?」というところで、(心の中でも)不満をあげつらうだけでなく、こうされたい、という方向に考えると落ち着きそうと思いました。リミッテイィングビリーフの外し方をまた聞きたいです。

 

 

■A.Sさん(女性・営業職)

私は被害妄想が激しく、悩んでいました。前向きに人生を送れるようになりたいと思い申込みました。私は、価値がないという解釈をするタイプでしたが、能力がないという気持ちに切り替えればいいのかと思いました。

 

 

■T.Kさん(男性・心理セラピスト)

人前で手が震えることに悩んでいました。心のシステムやビリーフの成り立ち、ビリーフを取り入れた理由や感情の重要性が学びです。緊張する中で今できる最高のことをしたいと思います。熱い想いが伝わってきました。

 

 

■S.Kさん(女性)

心身症になって原因は忙しすぎて体がきついからと思っていて、体と心が繋がっていること。これから心が折れないようになりたいと思って参加しました。心の仕組みには非常に興味があるのでどんな事をやるのか興味がありました。

心の仕組みを知り、自分が病気になったのも、キッカケは体の辛さだったが本当の原因は違うところにあるのかな?と気づきました。ビリーフチェンジってすごいんだなぁと思いました。小さい頃の思い込みを解消するのがこんなに重要なカギだったと初めて知りました。自分の心をもう一度見てみようと思いました。ありがとうございました。