■性格を変えるカウンセリング


交流分析とゲシュタルト療法から産まれた性格を変えるカウンセリング。

 

 

交流分析は、人格適応論や、適正検査などに使われるエゴグラムなど、幅広い分野で活用されているパーソナリティー理論です。

 

この理論をもとに、「今、ここ」で未完了を完了させる気づきのセラピー。ゲシュタルト療法を組み合わせたのが再決断療法の心理カウンセリングです。

 

ビリーフチェンジ・セラピー同様、今、ここで過去の決断を書き換える・問題解決型の心理カウンセリングです。

 

 

特に倉成央先生をはじめとする研究チームにより、欧米人向けのカウンセリングを、日本人向きに開発されたメンタルサポート研究所が提供するカウンセリングをご提供しています。

 

現在も、臨床の場から常に最新の情報と技術でアップデートを続けている、今、まさに現代人に必要なカウンセリングと考えています。